蛙・鳴・蝉・噪

ゲーム、アニメ、コミック etc... 管理人が好きなモノについて、気の向くまま書いているブログです。着付け教室に通い始めました。
蛙・鳴・蝉・噪 TOP  >  2005年05月16日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トリニティ・ブラッド 初心者ガイドー!

LOVELESSコミックとどっち買うか迷いに迷って、結局トリブラ一式まとめ買いしちゃいました。
(´∀`)あは!

アニメを見てトリニティ・ブラッドに興味を持ったものの原作は文庫で 10冊以上あって、どれから手をつけていいかわからなーいという方のために!(← 思いっきり自分ですが) それぞれのシリーズの違いと位置づけなど簡単にまとめました。アニメで興味持って、これから原作にトライしようとしている方へご参考までにー。
エントリ タイトルがどっかの参考書みたいという点については放置でよろしく!

トリニティ・ブラッドとは?:
原作は文庫のシリーズ物で 12冊の文庫が既刊。
アルマゲドンで文明が滅んだ遠未来を舞台に、アルマゲドン後、急に姿を現した人間の血を吸う異種知性体 吸血鬼(ヴァンパイア)と人間との闘いの物語。アニメ化が決まり制作に入ったところで、原作者の吉田 直さんが急逝。原作トリニティ・ブラッド シリーズは永遠の未完となる。先日、文庫未収録作品や、亡くなられた吉田先生の構想メモ、設定資料などをまとめた「トリニティ・ブラッド Canon 神学大全」が発売。

文庫:
文庫の 12冊は
● Rage Against the Moons (通称 R.A.M.) - 隔月刊誌ザ・スニーカー誌上で連載された短編を 3-4話ずつ収録したもの
● Reborn on the Mars (通称 R.O.M.) - 長編書き下ろし作品
という 2シリーズから成っています。(文庫の内容についての説明は 追記部分 で)
それぞれのシリーズは、片方のシリーズだけでも、または 1冊単位でも十分楽しめると思いますが、平行して執筆されたために、2つのシリーズを交互に読んでいくと、所々に出てくる前後のエピソードからの繋がりを感じられて より楽しめるようになっています。

コミック:
実はコミックも買ったのですが、こちらは R.O.M.のストーリーをベースに描かれています。マンガということもあり、原作より かなーりギャグ要素が多く、若干キャラクターイメージが原作と異なっている感があります。(笑) トリブラへのとっかかりとしては、いいかもしれません。

アニメ:
アニメでは 30分という時間制限があるせいか、短編のR.A.M.のエピソードから多くなっています。アニメ化が決まり、R.A.M.、R.O.M.、それぞれのエピソードを活かして、新しいトリブラを作ろうと吉田先生と詰めて行こうとした矢先の訃報で、製作者側もかなり動揺したそうです。そういったこともあり、かなり原作イメージを大切に、忠実なストーリー構成になっていて、製作者側の配慮と努力が感じられるなーと私は思います。(昨今の手抜きアニメに比べれば・・・・(´-ω-`) )

以降、追記部分に補足説明やら、文庫作品一覧やらオススメの読む順番をまとめました。
スポンサーサイト
[ 2005/05/16 14:50 ] .本 小説・物語 | TB(1) | CM(0)
プロフィール

  • Author:ぷりま
  • ゲーム(RPG、ネオロマンス)、漫画(はやりモノ)、本(SF、ミステリー、歴史モノ)が大好きでっす。
  • 管理人へのご意見、ご要望、連絡事項などは、こちらのメールフォームをご利用ください。
  • 管理メニュー
ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2005年05月 | 06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近のコメント
データ取得中...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。