蛙・鳴・蝉・噪

ゲーム、アニメ、コミック etc... 管理人が好きなモノについて、気の向くまま書いているブログです。着付け教室に通い始めました。
蛙・鳴・蝉・噪 TOP  >  2005年07月22日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スピードグラファー: #15 濡れ女地獄

今までのユーフォリアは、自分の欲望とかフェティッシュを、如実に体現していたものが多かったのですが、その中で今回の弦巻ミハルは、特殊なタイプのユーフォリアでしたね。どちらかというと精神的な欲望?を持っているといいますか。

逃避行を続ける雑賀と神楽。自分の力では、神楽の命を救ってあげることができないというあせりといらだちから、ついにそっけない態度になってしまう雑賀。とうとう高熱を出してしまった神楽を休めるため、山奥の道を宿へ急ぐ雑賀だったが、そこへ水天宮が派遣した水のユーフォリアの女、弦巻ミハルが現われる・・・

辻堂が弦巻のことを、「恋仲になった男と海へ飛び込み、そのたびに自分だけ生き残る」「水の中こそ母親の羊水 唯一安らげる場所」と説明していましたが、イマイチ弦巻が消えた理由がようわかりませんでした・・・。
神楽が弦巻と雑賀を引き離した後、弦巻に抱きついていたことは、雑賀の代わりに自分が道連れになるという意思表示だったのですかね?
それによって、弦巻は母親と同じ安らぎを感じた・・・?色仕掛けによる無理心中ではなく、一緒に死んでもいいという相手が現われたから・・・?(´・ェ・`) うーん・・・どなたか解説プリーズ ← 人任せ

次回は水天宮さまサイドのお話っぽいですね。来週はまた放送お休みみたいですが (´д`)

paper.gif 前回の記事

paper.gif ← ぽちっとクリックしていただけるとうれしいです。

4150308047スピードグラファー1
仁木 稔


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

トリニティ・ブラッド: #12 THE IBLIS I.EVENING VISITORS

ここ数回、作画の質が落ちまくりなのが気になりますが、それを吹っ飛ばすような出来事が。

帝国と密かにパイプを作ろうとしていたカテリーナの元に、イオンが帝国の使者として聖旨を伝えにやってきます。イオンがカテリーナと接触しようとした直前、原因不明の停電が起き、イオンは警戒していたトレスの銃弾をあびてしまいます。翌日アベルが誤解を解くために使者のイオン達の元へ行くのですが・・・

帝国皇帝からの正式な使者イオン、副使のラドゥが今回登場したわけですが、皆川さんヴォイスのイオンかなりイイ!!イメージにもぴったりで、メトセラ語もすごく自然に聞こえました。んでもって、小西さんヴォイスのラドゥゥゥゥゥ~・・・ (*´д`*) LOVELESSコンビここに復活!いやもぅマジで興奮して脳汁がドバーっと出ましたヨ。

この「熱砂の天使」エピソードは、久々にエステルも活躍しますし、見ごたえがありますよね。トリブラの中でも一番好きなエピソードだと言う方が多いのではないでしょうか。各所の戦闘や会話などは、30分に収めるため、だいぶコンパクトにアレンジされていましたが、いやぁ面白かった。ラドゥがこーんなことしちゃったり、エステルがあーんなことしちゃう来週が待ち遠しいですね。(´∀`) らんらん

arrow.gif トリブラッジオ も更新されてるヨ!7/21 : m-serve より
arrow.gif 明日からのキャラクターショーでトリブラ関連 の出展が盛りだくさんヨ!: 王子様の宝箱より

paper.gif 前回の記事

paper.gif ← ぽちっとクリックしていただけるとうれしいです。

B0009S2PMYトリニティ・ブラッド Trinity Blood File #02 「GUNS N' SWORDS」 + more
TVサントラ 東地宏樹 東池宏樹 中井和哉


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

バジリスク 甲賀忍法帖 : #15 波涛獄門

先週の予告のあの少年は刑部だったのですか!彼にあんな過去があったとは。刑部のことを、単なる血気盛んな裸のマッチョだと思っていてごめんなさい。(´Д⊂

刑部の父は、刑部に穏やかな暮らしを与えるためにも・・・と、調停の使者として伊賀へ向かったところを騙まし討ちにあい死亡。その直後不戦の約定が交わされたことにより、刑部は仇討ちもならず、余計に復讐の情念が、長年心の底に溜まっていたのですね。
この刑部の父がまた渋い。父子家庭のようですが、修行には厳しくとも、刑部への深い愛が感じられますね。バジリスクで親子愛の描写があったのは初めてかな?刑部もそんな父を深く敬愛していたようで、復讐の鬼となった刑部の気持ちがわからないでもないですね。

刑部は、そんな自分の身の上を天膳に語り始めるのですが、これが逆に命取りに!天膳は、同船していた親子を利用し、刑部の心に揺さぶりをかけてきます。心理戦に負けた刑部が最期に見たのは、父を切った刑部へ激しい憎しみの目を向ける子供の姿だったのでした・・・。← こういう演出いいですね~

遺体は、となって川に流されることになっちゃいましたが、刑部の死に様は、(伊賀の陣五郎や蓑念鬼の死に方に比べれば) その生い立ち含め、丁寧に描かれていましたし、深く印象に残るものになりました。

それにしても、朧と小四郎の、蚊帳の外っぷりがスゴイ (´ー`)

・残り人数 ⇒ 甲賀4:伊賀4

paper.gif 前回の記事

paper.gif ← ぽちっとクリックしていただけるとうれしいです。

B000A1EDKMバジリスク~甲賀忍法帖~ 音絵巻~第二章~
アニメ:バジリスク~甲賀忍法


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
プロフィール

  • Author:ぷりま
  • ゲーム(RPG、ネオロマンス)、漫画(はやりモノ)、本(SF、ミステリー、歴史モノ)が大好きでっす。
  • 管理人へのご意見、ご要望、連絡事項などは、こちらのメールフォームをご利用ください。
  • 管理メニュー
ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2005年07月 | 08月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最近のコメント
データ取得中...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。