蛙・鳴・蝉・噪

ゲーム、アニメ、コミック etc... 管理人が好きなモノについて、気の向くまま書いているブログです。着付け教室に通い始めました。
蛙・鳴・蝉・噪 TOP  >  2005年07月27日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

攻殻機動隊S.A.C. 2ndGIG : #16 修好母子

も、素子姉さん、青少年の前でその格好は刺激が強すぎるんじゃ・・・(;´ー`)
今日は、前回の政治的な話からちょっと離れ、国外で情報収集するお話。チャイとの会話で、いつもとは違う素子姉さんの一面が見れた気がしました。

台湾にいた頃のクゼの情報を集めるため、単身 台湾へやって来た草薙は、全身義体にして、クゼがやろうとしていたことを引き継ぐのだという少年チャイと出会います。以下は今日クゼに関してわかったことメモー。

・ ロウと呼ばれていた (狼のロウ、朗らかのロウ、浪人のロウにかけて)
・ クゼは難民にとって、英雄であり神
・ クゼが難民のリーダーとなり、爆弾や麻薬の密売ルートを確立、地元マフィアと抗争するような組織へと成長させた
・ 話すだけで相手を魅了 ⇒ 電脳化していないのに思考を並列化できる
・ 難民には居場所がない、金持ちを食わせるための存在と難民に教え込んだ

単身マフィアとの取引に向かったチャイですが、素子が助けにきてくれるよう、ちゃっかり仕込んでいました。(笑)「まだただの甘えん坊なだけじゃない」「私にもこんな感情が残っていたなんて」と言いつつ、助けにいく素子姉さんかっちょいいぜ・・・!まぁ、高山みなみさん演じるチャイ、かなり魅力的な少年になってましたし、情が移るのも無理はないなぁと (*´д`*)

「勇気も才能もある。だが死んでしまっては意味がない。生きて未来を作れ。」最後のチャイの表情を見たら、素子の言葉と思いはちゃんとチャイに伝わったようですね。昔クゼの言葉がチャイに希望を与えたように、素子のこの言葉も、ロウが台湾を去り、ある意味迷走していたチャイの生き方に、希望を与えたモノとなったのではないでしょうか。

paper.gif 前回の記事

ranking.gif ← ぽちっとクリックしていただけるとうれしいです。

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 09
B0002KVDEK神山健治 押井守

バンダイビジュアル 2004-11-26
売り上げランキング : 4,035

おすすめ平均star
star番外編?
star素子の世話焼き話が2つ
star女性ならではの感情。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト
プロフィール

  • Author:ぷりま
  • ゲーム(RPG、ネオロマンス)、漫画(はやりモノ)、本(SF、ミステリー、歴史モノ)が大好きでっす。
  • 管理人へのご意見、ご要望、連絡事項などは、こちらのメールフォームをご利用ください。
  • 管理メニュー
ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2005年07月 | 08月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最近のコメント
データ取得中...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。