蛙・鳴・蝉・噪

ゲーム、アニメ、コミック etc... 管理人が好きなモノについて、気の向くまま書いているブログです。着付け教室に通い始めました。
蛙・鳴・蝉・噪 TOP  >  2005年07月29日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

遙かなる時空の中で 十六夜記 - 新衣装ファッションチェック PART2

今日残りの白虎と玄武の4人の新衣装が公式サイトにアップされてましたヨ!& 新キャラクターのしろがねがついに公開。

【残り4人の新衣装】
梶原景時(CV:井上和彦)

ヘソが隠れたっ。今回の景時はですね・・・衣装よりも、システム説明ページにある、濡れ髪のスチルが思いっきりツボなのですがーっ!
え~、十六夜記で最初に攻略するお方は景時に決定 (σ´ω`)σ もふふ

平 敦盛(CV:保志総一郎)
エンジ色の着物に薄衣の重ねが、こう、ますます儚げな雰囲気を引き立てていい感じですね。3の時より更に表情が苦悩にゆがんでおります(笑)。保志さんヴォイスって、本当に苦悩がよく似合う・・・。鎖は相変わらず重そうですが、十六夜衣装の中では、個人的に一番気に入りました。

リズヴァーン(CV:石田 彰)
これまた模様や装飾もなくなり、地味な衣装になりました。望美と九郎の剣の師としてキリリとしていた雰囲気もどこへやら。十六夜記では、「私は鬼だ」と苦悩モードですね・・・。クールで感情をあまり表に出さないというイメージがあるのにな。

有川譲 (CV:中原 茂)
望美と一緒に現代から異世界に行ったという設定だったため、3では現代の洋服の上に着物を羽織った感じだったのが、新衣装では完全に和装に。あと・・・ちょっとふけてません?(笑)

全体的に、平家との戦が終わったということもあって、鎧のようか甲冑めいた装飾がなくなり、シンプルな和装になったという感じですね。

【十六夜記での新キャラ】
銀と書いて「しろがね」と読むらしいです。なんと、平 知盛に瓜二つ!CVの方も同じ浜田賢二さんです。キャラクター紹介とサンプルヴォイスを聞く限り、穏やかな性格のようですが、知盛のあのワイルドな性格がお好みだった方は、この銀はどうなんでしょうー。

ぬぁー 9/22の発売日が待ち遠しいですのう。

paper.gif ファッションチェック PART1も見てみます?

ranking.gif ← ぽちっとクリックしていただけるとうれしいです。

遙かなる時空の中で3 十六夜記
B000A6CING
コーエー 2005-09-22
売り上げランキング : 11
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

トリニティ・ブラッド: #13 THE IBLIS II. BETRAYAL BLAZE

ぬほー ディートリッヒ(CV:鈴村健一さん)で来週にひっぱりますかっ。

異端審問局に囲まれた屋敷を船で脱出しようと地下へ急ぐ、イオンとラドゥ、エステル。しかし、船に乗ろうとした矢先、ラドゥが強硬派であることが判明。イオンに銃を向けながら彼がつぶやいた言葉は、以前ローゼンクロイツのディートリッヒが言っていたものと同じだったのでした。- 「我ら、炎によりて世界を更新せん。」

わーん、今日も船着場でのクルースニク発動やら、ラドゥとの熱いバトルやら、戦闘シーンがかなりカットされてました。ラドゥのクールな戦いっぷりを草灯と重ねて楽しもうと思っていたのに (´д`).o0(・・・ちっ)
が、一方でイオン(CV:皆川純子さん)とエステル(CV:能登麻美子さん)が交流するシーンはかなり時間を割いて、ほぼ原作どおりに丁寧に描かれていました。やっぱり皆川さんのイオンいいなー。ラドゥに裏切られたイオンが、涙ながらに悲しみを語るところなど、すばらしい演技でした。

ブラザー・ペテロも原作とは全く違う動きをしていて、来週どうなるか予測不可能(笑) 楽しみでっす!

paper.gif 前回の記事

ranking.gif ← ぽちっとクリックしていただけるとうれしいです。

↓ 原作の「熱砂の天使」
トリニティ・ブラッド―Reborn on the Mars〈2〉熱砂の天使
4044184054吉田 直

角川書店 2001-07
売り上げランキング : 6,333

おすすめ平均star
starカルタゴの長い一日
star永遠に相反する存在?!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

バジリスク 甲賀忍法帖 : #16 懐抱淡画

あれよあれよといううちに1-2人/話のペースで死にまくっていた前半に消えたキャラも再登場した番外編。ぶっちゃけ、地虫が占いの能力があるって今日初めて知りましたヨ・・・(;´ー`) 地虫、巻物咥えて地面走っていたかと思ったら、天膳にサックリ殺されたキャラというイメージしかありませんでしたから・・・。

弦之介と朧のお見合いの日、不戦の約定が解かれる前のエピソード。
何と弦之介と朧は、禅正とお幻、それぞれの直系の孫ではないということが判明。二人とも生涯独身を通したんですねぇ・・・。1話目の若かりし頃理想を語りあっていた二人の姿や、決別した時のことを思い出し、せつなさ度がまたアップ↑しました。

じっとりした個々の内面的な思惑が前面に出てきて話が重くなってきた後半ですが、「伊賀と甲賀、共に表の世に出でんことを・・・」という弦之介の大局的な強い思い見て、視聴後久々に清々しい気持ちになりました。また、原作やコミック読んでない人には、初期に死んだキャラの魅力を再確認できたいい機会になったのではないでしょうか。(´∀`)

P.S.「天膳、このぴょろりは何じゃ?」(by ミニ朧) 私も知りたいです。

paper.gif 前回の記事

ranking.gif ← ぽちっとクリックしていただけるとうれしいです。

バジリスク ~甲賀忍法帖~ vol.2(初回限定版)
B000ALVX9G
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2005-09-28
売り上げランキング : 471


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
プロフィール

  • Author:ぷりま
  • ゲーム(RPG、ネオロマンス)、漫画(はやりモノ)、本(SF、ミステリー、歴史モノ)が大好きでっす。
  • 管理人へのご意見、ご要望、連絡事項などは、こちらのメールフォームをご利用ください。
  • 管理メニュー
ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2005年07月 | 08月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最近のコメント
データ取得中...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。