蛙・鳴・蝉・噪

ゲーム、アニメ、コミック etc... 管理人が好きなモノについて、気の向くまま書いているブログです。着付け教室に通い始めました。
蛙・鳴・蝉・噪 TOP  >  2005年08月03日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

攻殻機動隊S.A.C. 2ndGIG : #17 天使の詩

渋い!一話完結型、最小限のセリフで見終わった後にこういう余韻を残す話は、攻殻ならではですねぇ・・・。バトーメインの話だったわけですが、人情派バトーの優しさだけではなく、上司として彼を上手くフォローする素子の手腕も描かれておりました。

天使の羽という超大物テロリスト捕獲任務のため、ベルリンへ派遣された素子とバトー。天使の羽は、テロ行動を起こす前に必ずベルリンに立ち寄り、2日前に犯行地へ移動するという手がかりを元に張り込みを開始します。そんな中バトーは、毎日夜教会へ通う、感のイイ車椅子の娘に目を留めるのでした・・・。

バトーがアンジェリカに言った言葉、「お前が爆破し、ガラス片を降らせたあの場所にも、プレゼントを待っている子供や母親がいたはずだ。」こういう視点でのこのセリフは、人情派のバトーならではって感じがしましたー。(´ー`) 犯人もそこにスキを見出して、娘にプレゼントを渡してくれと持ちかけたんでしょうが・・・。

「天使は・・・もう・・どこにも行かない。」
くはぁ (´д`)=3 渋い・・・バトーの顔の微妙な表情、筋肉の動きが彼の苦悩する心を表しているようで、これまたせつなかったですねぇ。

さて、番外編ちっくなこれらのエピソードの間でも事態は動いていて、日本では出島でアジア難民による自治区宣言が行われた様子。冒頭素子が懸念したとおり、内庁は、9課による妨害を懸念して、この国外任務にバトーと素子を名指しで推薦したということなのですね。
次回から、また舞台が日本に戻り事態が急変していくみたい。楽しみです。

paper.gif 前回の記事

ranking.gif ← ぽちっとクリックしていただけるとうれしいです。

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 09
B0002KVDEK神山健治 押井守

バンダイビジュアル 2004-11-26
売り上げランキング : 2,397
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト
プロフィール

  • Author:ぷりま
  • ゲーム(RPG、ネオロマンス)、漫画(はやりモノ)、本(SF、ミステリー、歴史モノ)が大好きでっす。
  • 管理人へのご意見、ご要望、連絡事項などは、こちらのメールフォームをご利用ください。
  • 管理メニュー
ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2005年08月 | 09月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近のコメント
データ取得中...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。