蛙・鳴・蝉・噪

ゲーム、アニメ、コミック etc... 管理人が好きなモノについて、気の向くまま書いているブログです。着付け教室に通い始めました。
蛙・鳴・蝉・噪 TOP  >  2005年08月20日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トリニティ・ブラッド: #16 THE NIGHT LORDS Ⅱ. TWILIGHT OF THE CAPITAL

セス(CV:松岡由貴さん)が登場。アニメでは顔がかなり幼顔になって心配していましたが、松岡さんのお声がテキパキ感があったので、あんまり違和感なかったです。あと、アスト姉さんの叱咤激励素敵。 (*´д`*) アスト姉さんになら叱られてみたひ・・・。

帝国への到着と同時に発生した、タイミングが良すぎる襲撃事件に疑問を持ったイオンは、自分達を乗せてくれた船の主、士民ミマールの元をエステルと共に訪ねるのですが、途中で不思議なお茶売り少女セスと出会います。少女の案内でミマールの所に到着するのですが、ミマールは刺客によって暗殺されていたのでした。そして今わの際の彼の口からラドゥの名前が・・・。

イオンが「帝都のこちら側に来たのは初めてなのだ」と言ってましたが、ちょっとだけ補足しますと、帝国は大きく短生種(テラン)の居住地である東岸部と、長生種(メトセラ)の居住地である西岸部に分かれています。そして 西岸部はさらに北区画、南区画に分かれており、南区画はすべて皇帝の居住地、北区画は帝国貴族のお屋敷が並んでいる・・・というふうに、身分や種族によって居住地区が厳密に区切られているわけなのです。帝国貴族の中でもかなり高貴な身分であるイオンがテランの居住地区に来たことがなかったというのは、そういうわけなのでした。

ま、そんなことより(!)、トリブラッジオ も8/18更新! (´∀`) されているんですが、ちょっと 奥さん!その中で、8/24発売の Trinity Blood File #03 RADIO HEAD+moreの内容がチョっとだけ聞けるのですよー。さらに出演されている藤原啓治さんと、鈴村健一さんからのメッセージがっ!ラジオで聴くと 改めてお二人の声色気あるなぁ実感。
そして 次回トリブラッジオには大川 透さんがゲストで登場だそうです (*´д`*) いやーん 楽しみ。

paper.gif 前回の記事

ranking.gif ← ぽちっとクリックしていただけるとうれしいです。

B000A38QS0Trinity Blood File#03 RADIO HEAD+more
TVサントラ 藤原啓治 鈴村健一
関連商品
トリニティ・ブラッド Trinity Blood File #02 「GUNS N' SWORDS」 + more Trinity Blood File #01「Gunmetal Hound」+more

by G-Tools
スポンサーサイト

ガンダムSEED DESTINY : #44 二人のラクス

DESTINY PLANの全容が いきなり明らかに。

・ 生まれ持った遺伝子によって、運命がすべてが決められる。
・ そぐわない者は淘汰、調整、管理する世界。
・ コーディネイターの世界の究極。

うわー そんなこと考えてたんですか。というのが正直なところ。ザフトと連合軍両方を統治するカリスマ的支配者になることだけがデュランダルの目的ではなかったのですね。
となると、レイの存在の説明含め、このDESTINY PLANの発想の元となったラウ・ル・クルーゼとデュランダルの間で実際に交わされた会話など回想シーンが欲しいなぁ。

突然現われたラクスの存在に動揺が広がる中、ジブリールによるプラント攻撃が開始される。イザークとディアッカの活躍のお陰で照準がずれ、首都アプリリウスは守れたものの、ヤヌアリウスは崩壊。ジェネシスの二の舞となってしまった現状に意気消沈するAAメンバーでしたが、デュランダルを止めるため宇宙へ上がる決心をするのでした。

「悪いのはあなたではないという言葉の罠」というラクスの言葉にドキッとしました。自分が何をしたか省みたり、努力もしてないくせに、組織や周りの人間のせいにしたり、時代や環境のせいにしたりということが多い昨今。耳がいたいですね。

paper.gif 前回の記事

ranking.gif ← ぽちっとクリックしていただけるとうれしいです。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY O.S.T.III
B000A38QRQTVサントラ 佐橋俊彦


おすすめ平均 star
starドイツ風の本格オケ
star欲しい!!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スピードグラファー: #17 死神成金

前回もちょろっと出てきたオルゴール。その曲に合わせて水天宮さまの壮絶な生い立ちが語られたお話でした。圧倒的な存在感と、この生い立ち話。完全に主人公を食ってますネ。(´ー`) スピグラは、「水天宮さまの野望のお話」という気がしてきました。

10話 水天宮来る での「私は一度死んだ。この体は報われぬ闘いで死んでいった仲間達の魂が眠る場所」というセリフ通り、研究ウィルスのキャリアとして、152研究所で死んだ兵士のパーツ体を繋ぎ合わせ、無理矢理蘇生させられた体だったのですね。辻堂・新治・真壁との出会いの場面も面白かったです。

天王洲グループの乗っ取りも復讐心からだったのか・・・。幼少の頃から、あれだけお金のために翻弄された人生を送っていれば、人間の欲望とお金の力を軽蔑しながらも利用してきた理由もわかる気がしますねー。あと、いざという時は冷酷非情になれるのも、軍隊での経験からくるものなのでしょうね。

次の発作で、体の寿命が尽きると知った水天宮さまは、いよいよ最後の戦いを仕掛ける様子。えっと、雑賀と神楽は どこを逃避行しているのでしたっけ・・・ (´ー`) 忘れちゃったヨ・・・

paper.gif 前回の記事

ranking.gif ← ぽちっとクリックしていただけるとうれしいです。

B000ALJ1N6SPEED GRAPHER ドラマCD
アニメ:スピードグラファー


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
プロフィール

  • Author:ぷりま
  • ゲーム(RPG、ネオロマンス)、漫画(はやりモノ)、本(SF、ミステリー、歴史モノ)が大好きでっす。
  • 管理人へのご意見、ご要望、連絡事項などは、こちらのメールフォームをご利用ください。
  • 管理メニュー
ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2005年08月 | 09月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近のコメント
データ取得中...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。