蛙・鳴・蝉・噪

ゲーム、アニメ、コミック etc... 管理人が好きなモノについて、気の向くまま書いているブログです。着付け教室に通い始めました。
蛙・鳴・蝉・噪 TOP  >  2005年09月11日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

D.C.S.S.~ダ・カーポセカンドシーズン~: #11 ただいま執筆中!

うーむ、やっぱり、アイシアは必ず絡んでくるんですね・・・。(´д`)=3

何だか期待が大きかった分、D.C.S.S.の感想、毎回批判めいた内容になってしまってしまうんですよね・・・。11話まで見ておいてなんですが、とてもこの後2クール終わるまで、感想を書き続けるモチベーションを保てそうにないので、今回で視聴打ち切りたいと思います。(´ω`;)ゞ スミマセン。

paper.gif 前回の記事
スポンサーサイト

交響詩篇エウレカセブン : #21 ランナウェイ

最近エウレカセブン見るのに、心の準備要りますよね。「さぁ、今週も欝話見るか!」みたいな。

とりあえず、エウレカが元の姿に戻ってよかった。眉毛はないけど (´д`) またその会話の中で、ティプトリーがホランドに渡した金色の液体の正体やら、デルシエロを訪れた目的であったノルブがどんな存在なのかというのもちらりとわかったりしました。

レントンは戦う=人を殺すことだということを肌で感じ、激しくショックを受け、マシューやエウレカにその気持ちをぶつけるのですが、ゲッコーステイトのメンバーは元々軍に所属していたSOFと呼ばれる軍の特殊部隊の出。いわば脱走兵の立場にあるのですから、覚悟や感覚がレントンとは元から違うんですよね・・・(´ω`;) 14歳の少年に「わかっててゲッコステイトに入ったんじゃないの?」はきついかもしれませんが、レントンが「ニルヴァーシュをうまく動かせる」ことや、エウレカに夢中になって現実が見えていなかった点は否めないかな・・・と正直思います。#15話でも自分の行動が引き起こした結果が見えてなかったですし・・・。

そんなわけで、傷心のレントンはゲッコーステイトを出て行ってしまうわけですが、予告では、「自分の想いに気づき始めるエウレカ」ってありましたね。今度はエウレカがレントンを追いかける立場になって・・・という展開になるのかな (´ー`)

そして新キャラ チャールズ。今はフリーランスの用心棒みたいですが、元軍人で、どうやらホランドは因縁の仲らしいですね。「ホランドと決着をつけさせてやる」という口説き文句でデューイ直々に軍に勧誘していたところをみると、相当な腕前を持っているのかも。彼らが今後どう動くのかも注目ですネ!

paper.gif 前回の記事

ranking.gif ← ぽちっとクリックしていただけるとうれしいです。

4777421686交響詩篇エウレカセブン 2006年度 カレンダー


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

プロフィール

  • Author:ぷりま
  • ゲーム(RPG、ネオロマンス)、漫画(はやりモノ)、本(SF、ミステリー、歴史モノ)が大好きでっす。
  • 管理人へのご意見、ご要望、連絡事項などは、こちらのメールフォームをご利用ください。
  • 管理メニュー
ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2005年09月 | 10月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近のコメント
データ取得中...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。