蛙・鳴・蝉・噪

ゲーム、アニメ、コミック etc... 管理人が好きなモノについて、気の向くまま書いているブログです。着付け教室に通い始めました。
蛙・鳴・蝉・噪 TOP  >  スポンサー広告 >  .アニメ視聴感想 攻殻機動隊S.A.C.2ndGIG >  攻殻機動隊S.A.C. 2ndGIG : #8 絶望という名の希望

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

攻殻機動隊S.A.C. 2ndGIG : #8 絶望という名の希望

いやはや、今日もまたセリフが多い難解な話でした・・・。(泣) とはいえ、ゴーダの目的と思想、「個別の11人」とは何かががやっと明確になりましたね。

以下、内庁の巨大端末 デカトンケイルにダイブした草薙が、仮想人格のゴーダと対話することで得た情報のまとめです。アニメ感想サイトなのに、感想ありません (;´∀`)えへ

◆個別の11人とは
難民の蜂起を促すために、ゴーダがプロデュースした individualist。

◆ゴーダの目的
第三者を消費することによる桃源郷の再現。(5・15事件の再現) 自分の役目は、英雄をプロデュースすること。動機なき者が切望し、しかし声を大にしていえないことを代弁し、実行してくれる行動者を作り出す。

⇒ つまり、「個別の11人」を英雄、難民を仮想敵とすることで国民の思想を誘導、最終的には、"国民の総意である" 難民の排除を行う。
過去の5・15事件を起こした青年士官11人(英雄)にあたる「個別の11人」を作り出して、当時の大衆化した減刑運動のように、難民排除の動きを大衆化、加速化させるってことなんですね!
やっと4話目で延々と説明された5・15事件との接点が出てきました。
*5・15事件については こちらのエントリ を参照。

◆ゴーダの思想
大日本技研時代、自分がプロデュースした放射能粉塵除技術で日本が復興したのにもかかわらず、社会システムの中でその功績が評価されなかった。その理由は、システムが望む人格と、自分が生まれ持った資質、存在が異なっていたため。
しかし、生死をさまよう怪我を負い、体が変貌したことにより(人に強烈な印象を残す容貌になり)、期せずしてゴーストが変化、国家を再構築する使命をえた。

一方、9課の他のメンバーは、「予告連続自爆テロ」を阻止するため奔走しているのですが、調査を進めていくうちに、この自爆テロが、ゴーダが仕組んだ「個別の11人」に反対、対抗する難民の行動だと判明。すでにゴーダの言う「憎しみの連鎖」が始まっているということですね・・・。

草薙の潜入自体も、ゴーダにとっては想定内だったみたいですし、まだまだ手玉に取られている9課。これから先のゴーダとの対決&巻き返し、どう展開していくか楽しみです。

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 05
B00026CJ38神山健治 田中敦子 阪脩

おすすめ平均
starsさあ、いよいよ本番だ!
stars謎が…
stars迫る魔の手

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

paper.gif 前回の記事
paper.gif に参加中!よかったらぽちっとお願いします。
関連記事
Re: 攻殻機動隊S.A.C. 2ndGIG : #8 絶望という名の希望
もう3回、見直しましょうw^^;
[ 2009/04/28 21:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

攻殻機動隊2 第8話「絶望という名の希望」
ゴーダは英雄になるべき存在なのになれなかった。(放射能除去における功績?)その後、ゴーダは自ら英雄となるのではなく、英雄的行為を操作、プロデュースする方向へ向かう。その背景には、個人を唱えながらも、その実質はまことに貧弱で、容易に群集化する大衆、そしてそ
[2005/05/26 08:42] テラニム日記
攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG 第8話
攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 05【絶望という名の希望】新浜市内で爆弾テロが次々と発生し、事前の犯行予告に従えば、あと一件の爆破テロが予想される。全力でこの爆破テロを阻止しようと9課が動く。バトーは難民ではないか?と、トグサとの会話からひらめき、荒巻
[2005/05/26 09:49] Cosi Cosi
攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG (第9話 絶望という名の希望 AMBIVALENCE)
(ここではオリジナルを意識してTV放映上は第8話ですが、あえて「9話」としています)仕事がそれなりに忙しくなってきたので、見るだけで精一杯って日も出てきました。 それがどーいうわけか水曜日だったりするんだよね...。 水曜日の夜に見る録画済みアニメと言えば、「攻殻
最終回??
風邪がまだ治りません……。攻殻機動隊SAC2ndGIGを見る。バトーが少女を射殺する話。(←違う)最後の少女の扱いに関しては、トグサの人柄の良さ(甘さ)とバトーの場慣れした対応(ある種の非情さ)が際立った好エピソードだと思います。実際足手まといになるこ
攻殻機動隊S.A.C.2nd GIG #8
#8 絶望という名の希望 AMBIVALENCE 【1行あらすじ】 ゴーストの変貌により、英雄のプロデューサーとなる  新浜で難民による無差別テロが続発。事故現場にかけつけたトグサくんの会話(難民問題と、Individualistの台頭)が、テロに難民が関与しているかもしれないという.
プロフィール

  • Author:ぷりま
  • ゲーム(RPG、ネオロマンス)、漫画(はやりモノ)、本(SF、ミステリー、歴史モノ)が大好きでっす。
  • 管理人へのご意見、ご要望、連絡事項などは、こちらのメールフォームをご利用ください。
  • 管理メニュー
ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近のコメント
データ取得中...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。