蛙・鳴・蝉・噪

ゲーム、アニメ、コミック etc... 管理人が好きなモノについて、気の向くまま書いているブログです。着付け教室に通い始めました。
蛙・鳴・蝉・噪 TOP  >  スポンサー広告 >  .本 小説・物語 >  ケインとアベル - 波乱万丈の人生ドラマ (著者の人生も小説に負けないよ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ケインとアベル - 波乱万丈の人生ドラマ (著者の人生も小説に負けないよ)

サッカーで日本代表がワールドカップ出場が決まったのはめでたい!が、LOVELESSの放送が延期になるのは勘弁・・・ (´;д;)

というわけで、今日はお気に入りの小説「ケインとアベル」のお話をしたいと思います。著者はジェフリー・アーチャーといえば、ご存知の方も多いかもしれません。
この人、書く小説に負けず劣らずの波乱万丈の人生を送られてまして、イギリスのベストセラー作家にして、元英国上院・下院議員。一代貴族(ロード)。29歳の時、史上最年少で英国下院議員になったのですが、詐欺にあい、全財産を失い辞職に追い込まれます。このときの経験を元に「100万ドルを取り返せ!」を執筆したところ、これが大ベストセラーに。
その後政界に復帰したり辞任したりするのですが、59歳の時に偽証罪で逮捕。禁固4年の実刑判決を受け、61歳で刑務所に。そして、獄中記がベストセラー・・・転んでもタダでは起きませんな (´ω`;) 現在は出所しているそうです。

えー、著者の紹介だけで長くなってしまいましたが、肝心の「ケインとアベル」のあらすじをざっくり。

あらすじ:
1900年初頭N.Y.の裕福な銀行家の息子として生まれたケインと、東欧貴族の私生児として生まれたアベル。対照的な境遇に生まれ育った二人が、世界大恐慌などを乗り越え、アメリカを代表する銀行の頭取とホテル王として成長し、宿命の対決を繰り広げていく大スペクタクル人生ドラマ。そしてケインの死後あかされる驚きの事実・・・。


まさにケインとアベルの人生の大河ドラマ、一大叙事詩!
ロシアの収容所に収容されたアベルが、苦労してアメリカへ渡り、己が能力だけで成り上がっていく様や、金持ちの家に生まれたが故に、金目当ての人間のいろんな思惑の中で育ったケインの不幸な家庭環境。仕事でも人生でも互いにライバイル(むしろ敵)となる二人ですが、それぞれの娘と息子が出会い、恋に落ちるなど・・・二人の人生の転機には必ずお互いが絡んできます。

何のかんの言ってもお互いの存在があったからこそ、そこまで成長、成功できたんじゃないかという、男同士のこういう関係って、ちょっとうらやましい気がしてきちゃいます。
あまりに壮大でドラマチックな人生で、読後はしばらく呆けてしまいました。

続編に「ロスノフスキ家の娘(上)(下)」があります。

ケインとアベル 上 新潮文庫 ア 5-3
4102161031ジェフリー・アーチャー 永井 淳


おすすめ平均 star
star一気によみました。
starこういう話おもしろいなあ。
starなんて皮肉な運命でしょうか・・・
star非常に深いサクセスストーリー!男性にお薦め。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
[ 2005/06/09 01:54 ] .本 小説・物語 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

  • Author:ぷりま
  • ゲーム(RPG、ネオロマンス)、漫画(はやりモノ)、本(SF、ミステリー、歴史モノ)が大好きでっす。
  • 管理人へのご意見、ご要望、連絡事項などは、こちらのメールフォームをご利用ください。
  • 管理メニュー
ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近のコメント
データ取得中...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。