蛙・鳴・蝉・噪

ゲーム、アニメ、コミック etc... 管理人が好きなモノについて、気の向くまま書いているブログです。着付け教室に通い始めました。
蛙・鳴・蝉・噪 TOP  >  スポンサー広告 >  .アニメ視聴感想 攻殻機動隊S.A.C.2ndGIG >  攻殻機動隊S.A.C. 2ndGIG : #11 名も無き者へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

攻殻機動隊S.A.C. 2ndGIG : #11 名も無き者へ

今回は9課の肉体派チームがクゼを追い、データ解析チームはウィルス発症の謎の解明、トグサは足で「個別の11人」の原著を追うという3手に分かれた捜査が繰り広げられました。

◆ カワシマの外部記憶 - ウィルス発症の謎
7話で台湾素食店の裏で死んだカワシマの外部記憶に、個別の11人がウィルスによって発症する証拠が残されているかもしれないと、イシカワ、ボーマが徹底的にデータの解析にあたります。
どうやら、シルベストのその他の評論集が因子、そこへ「個別の11人」の評論をダウンロードすると、それがトリガーとなって発症するみたいですね。自分の電脳にダウンロードして調査していたボーマがウィルスに感染した様子・・・。

◆ クゼ
長崎でクゼの目撃情報が入り、草薙、バトー、サイトー、パズがクゼの追跡を始めます。
鹿児島戦没者慰霊の塔前に集まった11名。会話によると、この人達が、予告と共に一連の個別の11人の事件を起こした犯人なのでした。
でも、クゼ入れると12名になるんですよね・・・。アレ?

でも、彼らの会話で、難民解放を訴える「個別の11人」が、どうして難民支援運動している人を殺すような事件を起こすのか?そして、それらがどうしてゴーダの言う難民排除の世論運動に繋がるのか?がやっとクリアになりました。
各話の整理で意図や目的は理解できても、このつながりというか、流れが整理できず、実は、これ私の中でずっと謎だったんですよね。(;´∀`)

難民解放を訴える「個別の11人」が、難民の資金的、物理的、精神的援助を排除する
⇒ 難民に絶望を与える (国賊や同胞からの支援を断つ)
⇒ 難民に自立という名の解放を促す。怒りによる蜂起
⇒ 国民に難民という異物の存在を自発的に気づかせる
⇒ 国民の思想を誘導、最終的には、"国民の総意である" 難民の排除を行う


すんごい間接的というか超越的な理論展開ですよね・・・。
でも正直、これで「個別の11人」がゴーダの言う英雄になりえるのかという点は疑問。

その後彼らは、九州電波塔の屋上に移動し、整然と並んだ状態で互いの首を切り落とします。(゚Д゚;) クゼだけ逃亡しているようですが、彼の場合は感染したもののウィルスが突然変異を起こした異例なのでしょうか。それとも感染したフリをして何かを調査しているとか・・・??個別の11人の本の不在に気づいたのも彼だけでしたもんね。

◆ 個別の11人の原著
「個別の11人」の原著を探しに大学を訪れるトグサ。大学図書館にも研究室にも見つけられず、最後に土橋の事務所を訪れます。しかし、土橋は「個別の11人なんて評論は存在しない。個別の11人という作られた思想だけ」と言って、ちょうど電波等屋上で11名の首が落とされた瞬間に、彼も自分の首をカッターで切りつけ自殺をはかるのでした・・・。

ウィルスに感染し諸々の行動を起こした人間は自殺し、オリジナルの原著はもともと存在しない・・・証拠が一切残らない、存在しないというわけですか。ウィルスに最初からそう仕組まれていたんでしょうね・・・ある意味感心。これで、ますます唯一残された手がかりとなるクゼの存在が重要になっていきますな。

GHOST IN THE SHELL 2 INNOCENCE INTERNATIONAL VER. Type MOTOKO (1000セット限定)
B0009NW588押井守

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2005-09-07
売り上げランキング : 91


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

paper.gif 前回の記事
paper.gif に参加中!よかったらぽちっとお願いします。
関連記事
仲間はずれ
こんばんは。いつもどもです。

>クゼ入れると12名になるんですよね・・・。アレ?

クゼは個別の11人じゃいみたいですよね。
単純に、色が違うという理由で仲間はずれなんですが…。(苦笑)
ウィルスに感染した状況説明などがないので、イマイチよくわかりません。

クゼの過去を含めて、かなりのキーになりそうです。折鶴のこともあるし、クゼの思想に少佐が同調するなんて展開もありですよね。
[ 2005/06/15 19:37 ] [ 編集 ]
カメリアさんへ

コメントありがとうございますー。
クゼは個別の11人じゃなかったのか・・・(oノωノ) 11人だと、首切るとき一人あぶれるから、あぶれた人の首切り役!・・・とか。
・・・ふっ。自分の理解力がなさとか想像力の乏しさがうらめしい・・(;´Д⊂

> クゼの思想に少佐が同調するなんて展開もありですよね

もし、二人が組むことになったら、最強無敵になりそうで面白そう・・・。すべてが終わったあと、クゼが9課のメンバーになるなんてこともないかなぁ。バトーがヤキモチやいたりとかして (*´д`*) ←妄想中
[ 2005/06/15 22:52 ] [ 編集 ]
「名も無き者」へについて
私は、劇中におけるウイルス発症に関する微妙な表現と、個別の11人の意図する考えが、理解しづらかったです。前者については、劇中では、ダウンロードしただけでは発症せず、インストールすることで発症するように取れたのですが。自分の頭の中で、“ウイルス発症”って感じで、パニクって部分があります。後者については、ぷりまさんがまとめられたように、本当に間接的で、超越的で難しいです。
また、前回までは、シルベストといっていたのですが、今回はシルベストルとなっていたようです。間違いだったらすいません。
長々とすいません。
いつもきれいに整理されていて助かります。
[ 2005/06/16 01:21 ] [ 編集 ]
airblueさんへ

こんにちはー。コメントありがとうございます。

> シルベストといっていたのですが、今回はシルベストルとなっていたようです。

私もシルベストルって聞こえました。(σ`ω´)σ 慌てて過去の記事とか見直したんですけど、やっぱり"シルベスト"だよなぁってことで、今回のシルベストル聞かなかったことに(笑) あはは・・・いい加減ですみません・・・ (´ω`;)ゞ 
[ 2005/06/16 16:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG 第11話
攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 06【名も無き者へ】急展開を見せる激動の回でした。とっても面白くなってるのにだんだん内容が難しくなってきてるので、ちゃんと理解できてるかどうかが不安。死んだイシカワの外部記憶から『個別の十一人』の手がかりを得ようとす
[2005/06/15 19:32] Cosi Cosi
攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG #12 「名も無き者へ SELECON」
そろそろお気に入りの#14 「左眼に気をつけろ」も近いので、攻殻機動隊の感想も再動させておきましょうかね。ちなみに、攻殻機動隊もキャプ付きの感想にするのでヨロシク。でも描写とかグロかったりするしなぁ。引っかからないといいけど・・・。話数表記も本来のものに替え.
[2005/06/15 22:40] 師匠の不定期日記
攻殻機動隊2 第11話「名も無き者へ」
「個別の11人」が九州に集まってタワーの上、そしてTV中継の中、集団自殺(斬首方式……)。(一人だけ生き残ってるみたい)追いかけていた素子(168cm)、バトー(187cm)は今回も振り回されただけ(^^;九州に集まったメンバーが自分の功績を比べているのが少し可笑しい
[2005/06/15 23:41] テラニム日記
珍しく饒舌な人
今週はボーマがまぁ喋る喋る。珍しく目立ってました。喋って、ウィルスに感染して、イシカワにブッ飛ばされ・・・。大活躍でした。個別の十一人が集ったワケですが、皆さんお顔が「北斗の拳」のザコキャラみたいです。死に際に「あべし!」とか「きっさぼあ!」とか言
攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG #11
英雄の最期は死によって締め括られ 永遠を得る #11 名も無き者へ -SELECON-  
[2005/06/18 00:59] 遊悠自的★liberal∞ideas
攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG (第12話 名も無き者へ SELECON)
(ここではオリジナルを意識してTV放映上は第11話ですが、あえて「12話」としています)いきなり電脳ネットワークを移動するタチコマで始まった今週。 久しぶりなタチコマは「早速、構造解析始めますか?」とウキウキしてるところに、「まずは少佐に連絡だ」と止められて不
攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG  #12「名も無き者へ SELECON」
>長崎湾岸でクゼの目撃情報が入った。>「個別の11人事件」を追っていた9課の面々はその現場に急行する。>その行動に並行して、トグサはその原著を探すため大学図書館を訪れていた。>しかし、本は見つからず目撃現場に向かっていた面々も、クゼ本人も見つけることはできな
プロフィール

  • Author:ぷりま
  • ゲーム(RPG、ネオロマンス)、漫画(はやりモノ)、本(SF、ミステリー、歴史モノ)が大好きでっす。
  • 管理人へのご意見、ご要望、連絡事項などは、こちらのメールフォームをご利用ください。
  • 管理メニュー
ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近のコメント
データ取得中...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。