蛙・鳴・蝉・噪

ゲーム、アニメ、コミック etc... 管理人が好きなモノについて、気の向くまま書いているブログです。着付け教室に通い始めました。
蛙・鳴・蝉・噪 TOP  >  スポンサー広告 >  .アニメ視聴感想 バジリスク甲賀忍法帖 >  バジリスク 甲賀忍法帖 : #11 石礫無告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バジリスク 甲賀忍法帖 : #11 石礫無告

不戦の約定が破られたことを知り、卍谷へ戻った弦之介達がどう動くかと思っていましたが、こう来ましたかっ・・・

「家康と服部に真意を聞く為に駿府へ向かう。人別帳を持って追って来い。」という果たし状を伊賀へ送りつけ、東海道へ向かう甲賀一行。あくまで甲賀は受身の態勢なんですね。
結果、私恨が強く、血気はやる刑部は一人別行動を取ることになりますが、これが後々どう転がるやら・・・。

それにしても情念が深い女性は恐ろしい。この状況において、一緒に死にましょう と弦之介に迫る陽炎。バカちーん!ヽ(`д´)ノ そのせいで、やすやすと闇七夜の秘薬で、弦之介の目も塞がれてしまいます。これで朧と弦之介、双方の目が7日7夜開かなくなり、思う存分忍法合戦が繰り広げられるわけですネ。
それにしても、朧にしろ陽炎にしろ、弦之介を想う女性によって、伊賀も甲賀も内部から崩されがち。弦之介、ある意味ホントの罪な男です。ナハ。

見ていて、一点だけ疑問が。
蓑念鬼をヤッた室賀豹馬ですが、弦之介の師っていうぐらいですから同じ技を使うのは納得なのですが、目が開いたのは何故なんでしょ?原作読んでないので、いきなり目がカッと見開いた理由がイマイチわからなかったです・・・。弦之介が許可したから??

仲間には気づかれないようにとしていましたが、果たし状に「伊賀の七人」と書くときのためらいなど、東海道移動中も弦之介の心の迷いが垣間見えましたね。最後の「わしには・・・」っていうセリフ、朧は討てない と続けようとしたのだと思いたい・・・。

・残り人数 ⇒ 甲賀5:伊賀6

完全解読BOOKバジリスク甲賀忍法帖
4063348660せがわ まさき

講談社 2004-04-09
売り上げランキング : 67,630
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

paper.gif 前回の記事
paper.gif に参加中!よかったらぽちっとお願いします。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バジリスク ~甲賀忍法帖~ 第11話 石礫無告
あ~っ、やっぱ無理だったか「七夜盲の秘薬」。闇七夜の秘薬なんぞというヌルイ名前に改称させられてしまったですよ。まぁ世の中の常だけはどうしようもないのでおいて置くとしてお話の感想に。朧が盲になったかと思えば、弦之介も盲になり傲慢ゆえに己の力に盲にな
[2005/06/24 22:27] なななな駄文
バジリスク~甲賀忍法帖~ 第11話
・「石礫無告」 9話は最後の数分が切れていて、その後どうなったのかと思っていましたが、朧は自分の目を見えなくしたんですね。 それにしても7日間だけってのが、大きな伏線になりそう。 朧の目が見えるようになる頃には、この戦いも終わっていて、そして目を開いた時に
[2005/06/24 22:32] Green Onion
アニメ バジリスク
手裏剣へたくそ朧ちゃん。 手裏剣専用小袋とか持ってて、「鉄臭くなるから手裏剣使
[2005/06/25 01:19] アーリオオーリオ
バジリスク~甲賀忍法帖 第十一話「石礫無告」
■「人に変わりはない」ようやく甲賀の里へ帰りついた弦之介たち。奪い取った人別帖を前に対策会議中。そこへ陽炎が朧への不審を訴えます。どうみても朧への嫉妬から出た言葉で、ただ彼女を非難し貶めたいだけ。今後の対策なんかとは関係のない言動はいただけないですな。
プロフィール

  • Author:ぷりま
  • ゲーム(RPG、ネオロマンス)、漫画(はやりモノ)、本(SF、ミステリー、歴史モノ)が大好きでっす。
  • 管理人へのご意見、ご要望、連絡事項などは、こちらのメールフォームをご利用ください。
  • 管理メニュー
ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近のコメント
データ取得中...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。