蛙・鳴・蝉・噪

ゲーム、アニメ、コミック etc... 管理人が好きなモノについて、気の向くまま書いているブログです。着付け教室に通い始めました。
蛙・鳴・蝉・噪 TOP  >  スポンサー広告 >  .アニメ視聴感想 攻殻機動隊S.A.C.2ndGIG >  攻殻機動隊S.A.C. 2ndGIG : #14 機械たちの午後

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

攻殻機動隊S.A.C. 2ndGIG : #14 機械たちの午後

・・・(´;д;) < ひぃ~ タチコマしゃべりすぎ。頑張ってまとめてみます・・・。

個別の11人について議論いくうちに、自分達の存在と人間との違いについて深く考察していくタチコマ。ざっくり抜粋しますと、
個別の11人事件が、「ゴーダが介入する以前から、個別主義者達の中に潜在的に現状に近いイメージが共有されて」おり、「誰かがコマンドを出しているわけではないのに、みんな自然と同じ方向を向き始めている。」ことから、「個人と集団以外にも 第三の意思決定の主体が人間にはあるのかもしれない。」という結論を導きだします。
(タチコマ達の議論の内容は 【続きを読む・・・】の部分に書いておきました。)

タチコマ達も、肉体と精神以外の第三の主体がどこかにあるような感覚があるという話になり、ゴーストが宿ったのか!?と、メンテそっちのけで色めき立つタチコマ達。

一方、草薙とバトー、トグサは、一連の事件の証拠品分析を依頼していたスプリング エイトへ行き、その報告を受けます。
・ 11機のジガバチ パイロットの死亡(#3話 天敵)は、マイクロマシンを使ったパイロットの殺人だと判明。
・ 難民の自爆テロ(#8話 絶望という名の希望)で使われた爆弾は台湾経由で日本に入ってきたモノ。
・ 自害した個別の11人の死体の電脳からは情報なし

その時近くの研究所で爆発があり、現場にいたと思われる有須田博士という研究員が見当たらない。メモリに記録がないのに、タチコマ達はこの博士を知っている気がすると言います。実はこの博士、タチコマのAIに使われているニューロチップを開発した人で、タチコマの親とも言うべき 優れた科学者だったのですが、研究資料を持って亡命しようとしていたのでした。
結局、空港で9課に捕らえられるのですが、タチコマのデジャヴは、有須田博士がせめてもの印として、タチコマ達のAIがある衛星のファイルに自分のデータを書き込んでいたということが判明。
タチコマ達が、主体がどこか別のところにあると感じていたのは、AIが衛星上にあるハブ電脳を介して並列化してたから

・・・なるほど 前半のタチコマ達が感じていたという「第三の主体がどっか別の場所にある感覚」と、それを引き出すための議論は、ここに繋がるのかー・・・
(;´ー`).o0(たどり着くまでの前フリが長すぎだよ・・・)

タチコマの
あなたは僕のお父さんですか?
あなたの記憶は消したくないって気がするんですけど・・・
という発言、人間ちっくでホロリと来ちゃいますね。
一方で草薙の
「私たちがそうであるように、自由を求めた彼に最早自由はない。」
という言葉が重い。タチコマと教授を見る、3人の表情が何とも言えないっすね・・・。

最後に、個別の11人事件の方でわかったことをメモっておきます。φ('ω') メモメモ :
・ 発症因子が特定できないからワクチンは作れない。
・ 自決した11人は、元自衛官、警察官、傭兵。義体化率50%以上。
・ 2万人のウィルスキャリアがいる。

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 08
B0002KVDEA神山健治 押井守

バンダイビジュアル 2004-10-22
売り上げランキング : 5,460

おすすめ平均star
star物語の構造が明確になる
starタチコマの個性?
starやっぱすごい!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

paper.gif 前回の記事



《タチコマ達の議論》

● 個別主義者達は、各自の才に価値を求めているくせに違う思想の人間を排斥しようとする行為において一様に団結している。個を求めんとするために没個性的に陥っている。
● 個別主義者が 個別であろうとするが故に、差異がない集団になっているとしたら意思決定は誰?
● 個別の11人に関しては意思決定はゴーダ。
● だけど、中国大使館を襲撃したのは、ウィルスと関係なく台頭してきたインディビジュアリスト。難民も個別の11人が台頭してくる以前からテロ行為は繰り返していた。
● だとすると個別主義者達の意識の中には、ゴーダの思惑が介在する以前から現在の状況に近いイメージ(国民の総意としての難民排除)が共有されていた。
● 誰かがコマンドを出しているわけではないのに、みんな自然と同じ方向を向き始めている。
● あるいは 個人と集団以外にも 第三の意思決定の主体が人間にはあるのかもしれない。
● つまり、人間がその存在を決定付ける以前には存在していなかったネットの在り様が、彼らの神経レベルでのネットと、今や地球を覆いつくさんとしている電子ネットワークの双方によって、自身の意志とは乖離した無意識を全体の総意としてゆるやかに形成しているということ。
● 人間は、自分の肉体と精神とがすでに一致してないけど、そのことに気づいてない。
● ゴーダは、そのゆるやかな流れを加速する媒介を意図的に作り出した。


paper.gif ← よかったらぽちっとお願いします。
関連記事
混乱してます
タチコマ分析が非常に今後の参考になりましたのでポチっとしてみましたw
「明日考えよう」などと思っていると結局次の回になってることが多いので……(^^;

タチコマとは関係なく考えると、
「個性的でありたい」というグループの格好なんかは結構似通ってたり、少なくとも時代の雰囲気に支配されてるのかな、とか。
そのゆるく全体を包む雰囲気をどう捉えるのか?みたいなことを「連想」してみたり。。。
[ 2005/07/06 19:24 ] [ 編集 ]
元ゆうきさんへ

こんばんは~。TBありがとうございます。

>「個性的でありたい」というグループの格好なんかは結構似通ってたり、少なくとも時代の雰囲気に支配されてるのかな

そうですよね。他人と同じはイヤと言いながら、結局は流行に乗って髪染めたり、同じような服着ているとこありますもんね・・・。タチコマの「各自の才に価値を求めているくせに違う思想の人間を排斥しようとする行為」ってとこも、耳がイタかったです。特に日本人はこの傾向が強いですし(苦笑)

9課のメンバーを順番に掘り下げていくエピソードが続いてきていましたが、まさかタチコマまで来るとは思っていませんでした。(;´ー`) いやぁ、ぶっちゃけ 理解するの & まとめるのきつかったデス・・・。
[ 2005/07/06 21:17 ] [ 編集 ]
こんにちは。 いつもお世話になってます。
いつもながらすごくキレイにまとめていらしたので、文中リンクをさせていただいたのですが、ご迷惑ではなかったかと心配で。
お嫌でしたらリンクは削除しますのでおっしゃってくださいね。 すみません。
次にお願いさせていただきたい時には先にご挨拶とお願いに伺いますね。

これからもどうぞよろしくお願いします。
[ 2005/07/11 09:12 ] [ 編集 ]
あ、いえ、とんでもないです~~(;´∀`) 挨拶とか全く不要なので ばりばりやっちゃってください!
自分のブログが妙に目立つ扱い受けるとどきどきしちゃって(笑) かえって気を使わせてしまって申し訳ありませんでした。

> お嫌でしたらリンクは削除しますのでおっしゃってくださいね

むしろ増やしてくだs(爆) (゚∀゚)
[ 2005/07/11 11:54 ] [ 編集 ]
よかった
ありがとうございますー。
これからもよろしくお願いします♪
[ 2005/07/11 12:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

玉川紗己子・オン・ステージ
沢山のタチコマが登場して議論に議論を重ねるお話。タチコマその1もタチコマその2も玉川紗己子。その3もその4も玉川紗己子。5も6も・・・。要するに全部玉川紗己子なワケ。それぞれの個性を演じきる熟練の技。巧いねぇ。何だかオーディション用の素材テープのよう
攻殻機動隊2 第14話「機械たちの午後」
タチコマの生みの親(有須田教授)が爆死を装って(タチコマの人工頭脳=AIの研究データなどを手土産に)海外(北米)に亡命しようとしたが首相の協力も得た公安9課はその身柄を押さえることに成功する。身分が縛られ、そしてその業績による栄光を自らのものとできない特
[2005/07/06 19:12] テラニム日記
攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG 第14話
攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 08~タチコマのお父さん~タチコマが大活躍!集団タチコマは可愛いけど、オバチャンのようにおしゃべり好きで、捲くし立ててよくしゃべる!セリフが多くて大変だろうなぁ。見てる側も、30分が1時間に感じるくらい。「甘党だけに
[2005/07/06 20:24] Cosi Cosi
攻殻機動隊 「機械たちの午後」
今回は2部構成的な内容をうまくミックスさせて、タチコマを中心につながっているというお話でした。さらに時事問題(知的財産)もさりげなく盛り込んでます。前半部の中心は、タチコマのメンテ中のお話。こんなに集まると、まるで小学生の教室ですよ。実に人間的。つまらない
[2005/07/10 18:58] 有閑市民のすすめ
攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG (第15話 機械たちの午後 PAT.)
攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 08(ここではオリジナルを意識してTV放映上は第14話ですが、あえて「15話」としています)今週もようやく視聴が追いつきました。 ま、休日だしね。 それに後に回したらもう見られないって断言できそうな状態だから、見られる時にって思ってるわけ
攻殻機動隊S.A.C.2nd GIG 第14話「機械たちの午後 PAT.」
#14 機械たちの午後 PAT. 【story】  メンテ中のタチコマは、自分達だけで個別の11人についての考察を始める。難民排斥のために「個別の11人」ウィルスを作り、感染者を、難民排除運動の英雄に仕立て上げるというゴーダ。タチコマたちは、議論の中で自分達にひょっとして
[2005/07/11 16:40] 遊悠自的★liberal∞ideas
プロフィール

  • Author:ぷりま
  • ゲーム(RPG、ネオロマンス)、漫画(はやりモノ)、本(SF、ミステリー、歴史モノ)が大好きでっす。
  • 管理人へのご意見、ご要望、連絡事項などは、こちらのメールフォームをご利用ください。
  • 管理メニュー
ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近のコメント
データ取得中...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。