蛙・鳴・蝉・噪

ゲーム、アニメ、コミック etc... 管理人が好きなモノについて、気の向くまま書いているブログです。着付け教室に通い始めました。
蛙・鳴・蝉・噪 TOP  >  スポンサー広告 >  .アニメ視聴感想 トリニティ・ブラッド >  トリニティ・ブラッド: #14 THE IBLIS Ⅲ. A MARK OF SINNER

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トリニティ・ブラッド: #14 THE IBLIS Ⅲ. A MARK OF SINNER

ブラザー・ペテロ熱い!んでもって、アベルも久しぶりにクルースニク80%限定起動で大活躍なお話でした。

異端審問局の空中戦艦と戦車ゴリアテの電脳を乗っ取り、イオンに襲いかかるラドゥ。盾となったブラザー・ペテロも、その強力な爆撃に倒れます。イオンに狙いを定めた戦車がまさにとどめの砲撃を撃とうとしたその瞬間、強力なメガボルト級の電撃がゴリアテを吹き飛ばしたのでした・・・。

あれれ、80%まで起動したクルースニクの姿を見てもエステルさんそんなに驚いてなかったのが意外・・・。まぁ、後半のイブリースを停止するため作戦部分がばっさりカットされてましたから、あそこで受け入れてしまうしかないんでしょうけど。(笑) 鈴村ディートリッヒも、ラドゥをいたぶっているシーン、もうちょっと楽しんでいる感が欲しいなぁ (´ー`) 最後までイオンのことをトヴァラシュ(相棒)と呼んで、苦悩しているラドゥの姿を見て楽しんでる、ディートリッヒの残忍性がもちっと欲しかったですよ。
時間制限があるアニメなのでしょうがないですが、アニメが初見で原作読まれていない方は、ぜひ原作の熱砂の天使を読んでいただきたいなと改めて思います。(´∀`) うんうん。
あと、ブラザー・ペテロがクルースニク発動の姿を見ていましたね。あれがアニメオリジナルの展開へと繋がるのかな。

次回から、帝国に戻るイオンに同行したアベルとエステルのお話、R.O.M.Ⅲ 夜の女皇が始まりますね。帝国がどんなふうに描かれるのか、すごく楽しみです。

arrow.gif 8/4 更新のトリブラッジオのゲストは生天目仁美さん!

paper.gif 前回の記事

ranking.gif ← ぽちっとクリックしていただけるとうれしいです。

B000AMZ1KC「トリニティ・ブラッド」Trinity Blood OST TB music file
TVサントラ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




ワンポイント補足~ (´∀`)d:

ディートリッヒがラドゥのことを「位階アデプタス=メジャー」と言っていましたが、これはローゼンクロイツ・オルデン(薔薇十字騎士団)における、階級のことなんですねー。

1=10 ニオファイト (参入者)
2=9 ジェレーター (信仰者)
3=8 プラクティカス (実践者)
4=7 フィロソファス (哲人) ← 一般戦闘員
5=6 アデプタス・マイナー (小達人)
6=5 アデプタス・メジャー (大達人) ← ラドゥ
7=4 アデプタス・エクゼンプタス (被免達人)
8=3 マギステル・テンプリ (神殿の首領) ← ディートリッヒ
9=2 メイガス (魔術師) ← ケンプファー
10=1 イプシシマス (究極者) ← カイン

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

トリニティ・ブラッド 第14話
トリニティ・ブラッド chapter 2 コレクターズエディションTHORES柴本トリニティ・ブラッド画集 fabrica theologiae(ファブリカ・テオロギア)トリニティ・ブラッド 4 (4)第14話【TTHE IBLIS III. A MARK OF SINNER】鈴村健一さんの“人形使い(ディートリッヒ)”....
[2005/08/05 23:34] Cosi Cosi
(アニメ)トリニティ・ブラッド #14「「THE IBLIS III. A MARK OF SINNER」」
THE IBLIS編は、今回で最後かな?次からもしばらくイオンが見れそうでなつめ的にはウハウハしていたり(笑)イオン可愛いよイオン。(笑)しかし、ブラザー・ペテロがカッコイイですね。アツい男です(//▽//)今回のお話で、好きになったかも。声とか良いし、一
[2005/08/22 22:21] 天使と真冬の夜の夢
レビュー・評価:トリニティ・ブラッド(アニメ)/第14話「THE IBLIS III.A MARK OF SINNER」
品質評価 0 / 萌え評価 50 / 燃え評価 25 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 50 / お色気評価 12 / 総合評価 22レビュー数 8 件 ローゼンクロイツオルデンのディートリッヒの手により、突如暴走し発砲を始める異端審問局の戦艦。そして、その混乱に満ちた状況の中、カテリーナ
プロフィール

  • Author:ぷりま
  • ゲーム(RPG、ネオロマンス)、漫画(はやりモノ)、本(SF、ミステリー、歴史モノ)が大好きでっす。
  • 管理人へのご意見、ご要望、連絡事項などは、こちらのメールフォームをご利用ください。
  • 管理メニュー
ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近のコメント
データ取得中...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。