蛙・鳴・蝉・噪

ゲーム、アニメ、コミック etc... 管理人が好きなモノについて、気の向くまま書いているブログです。着付け教室に通い始めました。
蛙・鳴・蝉・噪 TOP  >  スポンサー広告 >  .アニメ視聴感想 攻殻機動隊S.A.C.2ndGIG >  攻殻機動隊S.A.C. 2ndGIG : #20 敗走

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

攻殻機動隊S.A.C. 2ndGIG : #20 敗走

クゼ強いっすね・・・。バトーがあんな目に合うとは。(´Д⊂

クゼとロシアマフィアのプルトニウム取引は、先に難民が核武装したという既成事実を作るために、内庁が仕組んだ取引だったということが判明。それにより、
⇒ 出島に自衛軍を派兵する正当な理由ができ
⇒ 難民との内戦が始まり
⇒ 保守派である高倉官房長官の軍拡という思惑も達成できる
まさにゴーダの仕組んだとおり。最後、出島に入ろうとするクゼを援護するような長崎大停電テロも、内庁がやったことだと考えるのが妥当でしょうね。

「個別の11人」に感染したものの、別の行動を取り始めたクゼを利用し、臨機応変にこのような対策を考え実行に移すとは、ゴーダもスゴイですねぇ。荒巻も、現状を「完全な敗北」と言ってましたが、今更ながらその手腕に舌を巻きます。

「状況が逆転できる要素があるとすれば クゼの行動がそれにあたる。」と素子は言っていましたが、クゼがんばってくれっ!

paper.gif 前回の記事

ranking.gif ← ぽちっとクリックしていただけるとうれしいです。

B000B0J8TI攻殻機動隊S.A.C. 公安9課ファイル


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

攻殻機動隊S.A.C.2nd GIG 第20話「敗走 EMBARRASSMENT」
#20 敗走 EMBARRASSMENT 【story】 プルトニウムを持って逃走しようとしたクゼを追い詰めるバトー。屈強な義体使い同士の肉弾戦の結果は、バトーの左足をへし折り、肩に鉄柱を突き刺し、身動きの取れないバトーにトドメを刺さずに逃走したクゼに軍配があがった。クゼの後を
攻殻機動隊 「敗走」
追跡劇なので、展開がすごく速く、あっという間でした。ちなみに・・・「手を挙げて、出でこ~い! 逮捕する~!!」(笑)毎回、大活躍?のタチコマくんです。ワンフェスで
[2005/09/02 19:37] 有閑市民のすすめ
攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG (第21話 敗走 EMBARRASSMENT)
攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 11(ここではオリジナルを意識してTV放映上は第20話ですが、あえて「21話」としています)のっけからどアップのバトー(笑)で始まった第22話。 バトーとクゼの一騎打ちは見応え十分でした。バトーを相手にまったく怯まないどころか、向かっていく
攻殻機動隊2 第20話「敗走」~バトー敗れる~
ほぼ互角とも見えたクゼとバトーの戦闘は(クゼいわく)「動機の差」でクゼに軍配が上がる。全身義体同士の戦闘は壮絶ですなあ・・・ま、パーツはすぐ交換できるけどねえ。別の場所で素子たちと戦っていたのは「リモート死体」(でいいのかな?)。脳が焼かれて本体は死んで
[2005/09/03 19:16] ◆テラニム日記◆
プロフィール

  • Author:ぷりま
  • ゲーム(RPG、ネオロマンス)、漫画(はやりモノ)、本(SF、ミステリー、歴史モノ)が大好きでっす。
  • 管理人へのご意見、ご要望、連絡事項などは、こちらのメールフォームをご利用ください。
  • 管理メニュー
ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年03月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最近のコメント
データ取得中...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。