蛙・鳴・蝉・噪

ゲーム、アニメ、コミック etc... 管理人が好きなモノについて、気の向くまま書いているブログです。着付け教室に通い始めました。
蛙・鳴・蝉・噪 TOP  >  .アニメ視聴感想 攻殻機動隊S.A.C.2ndGIG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

攻殻機動隊S.A.C. 2ndGIG : #19 北端の混迷

うひー 面白かった!熱いバトルシーンかっちょいいですね~。最後のシーンでバトーと対峙したクゼが、ミョーに美形化されてたのが気になりましたが。(笑)

今回は、先週素子が見たクゼの妄想が語られました。歴史的に有名な革命家などにたとえてあったおかげで、彼が持つ思想というのが漠然とイメージできました。以下整理ですー。

・ クゼは「個別の11人」として発症したものの、本人が元々持っていた資質や思想が今の行動を生んでいる
・ 世界征服。自分が独裁者になることで世界平和をもたらすことができると本気で考えている
・ アドレナリンの分泌量が致死量に達している。聖域に入っている。⇒ イッちゃってる。超人的な力を発揮する。
・ 歴史的には、チェ・ゲバラ(キューバの革命家)、マルコムX(黒人解放指導者)、カシアス・クレイ(旧名:モハメド・アリ)など。
・ 思想的に近いのは、非暴力主義のガンジーやキング牧師

クゼの思想を説明している素子の左手には、いつのまにか折りかけの折鶴。先週の段階では、「私はあいつを知っているぞ・・・」としか言ってませんが、漠然とクゼが初恋の少年だと気づいているのでしょうね。バトーの「思春期のガキが運命の相手と出会っちまったって面だな。」のセリフが、実はずばり事実ってところが何とも。(;´∀`)

現地の情報屋クロルデンは、内庁の手の者により焼き殺されていましたが、残されていた外部記憶からプルトニウムの取引情報と、内庁が絡んでいるらしいということを掴んだ9課は取引現場へ急行します。
クゼ達テロリストとマフィアの取引現場に、陸自、9課が介入。騒然とした状況の中クゼがプルトニウムを持って逃げ出し、バトーが追いかけ、対峙したところで → つづく

paper.gif 前回の記事

ranking.gif ← ぽちっとクリックしていただけるとうれしいです。

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 10
B0002X7JCC神山健治 押井守

バンダイビジュアル 2004-12-23
売り上げランキング : 4,189
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

攻殻機動隊S.A.C. 2ndGIG : #18 相対の連鎖

クゼの中継機を利用した罠にまんまとはまり、新人1人を死なせてしまうという素子の大失態。クゼの視覚にアクセスした直後の素子のセリフ「妄想・・・?」「私はあいつを知っているぞ・・・」からすると、画面には出ませんでしたが、素子は、ほうえい丸以外にも何かの映像、または風景を見たのでしょうね。それがどう素子の電脳にダメージを与え、失態を招いたのかは想像できませんが・・・。

難民にのみ解放されているクゼの電脳にアクセスするため、婦警を経由して難民の電脳をハックする素子。クゼの視覚から、出島の偽装港に停泊するほうえい丸のイメージを入手するが、その瞬間素子は何らかの攻撃を受け、電脳にダメージを受ける・・・。

クゼの電脳の中には個別の11人のファイルもあり、本人も認めていたように、クゼも個別の11人だった。ということは、やはり個別の11人ウィルスに感染して行動を起こしたけれども、やはりウィルスが突然変異のような形で、ゴーダが想定した以外の行動を取り始めたという線なんでしょうか・・・。(ゴーダが想定していた怒りの連鎖こちらの記事 を参照)

ゴーダが想定した難民の怒りによる蜂起=自爆テロだったのが、「自爆テロを思いとどまらせ、犠牲者が出ない方法で難民解放を支援する」クゼの存在により結果の予測がつかなくなってきている状態に。そんなゴーダが邪魔者クゼのために「最高のシナリオを用意する」と言っていたのが気になります。クゼがプルトニウム入手しようとしていることと、放射能除去技術の商品価値をあげようとしている高倉官房長官の政治的思惑を絡めたシナリオになるのかな・・・。

paper.gif 前回の記事

ranking.gif ← ぽちっとクリックしていただけるとうれしいです。

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 10
B0002X7JCC神山健治 押井守

バンダイビジュアル 2004-12-23
売り上げランキング : 3,376

おすすめ平均star
starクゼと素子の関係は…
star期待は裏切りません

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

攻殻機動隊S.A.C. 2ndGIG : #17 天使の詩

渋い!一話完結型、最小限のセリフで見終わった後にこういう余韻を残す話は、攻殻ならではですねぇ・・・。バトーメインの話だったわけですが、人情派バトーの優しさだけではなく、上司として彼を上手くフォローする素子の手腕も描かれておりました。

天使の羽という超大物テロリスト捕獲任務のため、ベルリンへ派遣された素子とバトー。天使の羽は、テロ行動を起こす前に必ずベルリンに立ち寄り、2日前に犯行地へ移動するという手がかりを元に張り込みを開始します。そんな中バトーは、毎日夜教会へ通う、感のイイ車椅子の娘に目を留めるのでした・・・。

バトーがアンジェリカに言った言葉、「お前が爆破し、ガラス片を降らせたあの場所にも、プレゼントを待っている子供や母親がいたはずだ。」こういう視点でのこのセリフは、人情派のバトーならではって感じがしましたー。(´ー`) 犯人もそこにスキを見出して、娘にプレゼントを渡してくれと持ちかけたんでしょうが・・・。

「天使は・・・もう・・どこにも行かない。」
くはぁ (´д`)=3 渋い・・・バトーの顔の微妙な表情、筋肉の動きが彼の苦悩する心を表しているようで、これまたせつなかったですねぇ。

さて、番外編ちっくなこれらのエピソードの間でも事態は動いていて、日本では出島でアジア難民による自治区宣言が行われた様子。冒頭素子が懸念したとおり、内庁は、9課による妨害を懸念して、この国外任務にバトーと素子を名指しで推薦したということなのですね。
次回から、また舞台が日本に戻り事態が急変していくみたい。楽しみです。

paper.gif 前回の記事

ranking.gif ← ぽちっとクリックしていただけるとうれしいです。

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 09
B0002KVDEK神山健治 押井守

バンダイビジュアル 2004-11-26
売り上げランキング : 2,397
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

攻殻機動隊S.A.C. 2ndGIG : #16 修好母子

も、素子姉さん、青少年の前でその格好は刺激が強すぎるんじゃ・・・(;´ー`)
今日は、前回の政治的な話からちょっと離れ、国外で情報収集するお話。チャイとの会話で、いつもとは違う素子姉さんの一面が見れた気がしました。

台湾にいた頃のクゼの情報を集めるため、単身 台湾へやって来た草薙は、全身義体にして、クゼがやろうとしていたことを引き継ぐのだという少年チャイと出会います。以下は今日クゼに関してわかったことメモー。

・ ロウと呼ばれていた (狼のロウ、朗らかのロウ、浪人のロウにかけて)
・ クゼは難民にとって、英雄であり神
・ クゼが難民のリーダーとなり、爆弾や麻薬の密売ルートを確立、地元マフィアと抗争するような組織へと成長させた
・ 話すだけで相手を魅了 ⇒ 電脳化していないのに思考を並列化できる
・ 難民には居場所がない、金持ちを食わせるための存在と難民に教え込んだ

単身マフィアとの取引に向かったチャイですが、素子が助けにきてくれるよう、ちゃっかり仕込んでいました。(笑)「まだただの甘えん坊なだけじゃない」「私にもこんな感情が残っていたなんて」と言いつつ、助けにいく素子姉さんかっちょいいぜ・・・!まぁ、高山みなみさん演じるチャイ、かなり魅力的な少年になってましたし、情が移るのも無理はないなぁと (*´д`*)

「勇気も才能もある。だが死んでしまっては意味がない。生きて未来を作れ。」最後のチャイの表情を見たら、素子の言葉と思いはちゃんとチャイに伝わったようですね。昔クゼの言葉がチャイに希望を与えたように、素子のこの言葉も、ロウが台湾を去り、ある意味迷走していたチャイの生き方に、希望を与えたモノとなったのではないでしょうか。

paper.gif 前回の記事

ranking.gif ← ぽちっとクリックしていただけるとうれしいです。

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 09
B0002KVDEK神山健治 押井守

バンダイビジュアル 2004-11-26
売り上げランキング : 4,035

おすすめ平均star
star番外編?
star素子の世話焼き話が2つ
star女性ならではの感情。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

攻殻機動隊S.A.C. 2ndGIG : #15 そこにいること

茅葺総理と高倉官房長官という政府内での対立の構図と、クゼがハブ電脳という能力を持っていることが判明しました。ゴーダや9課の立ち位置など 2nd GIGの構造の整理ができ、今後見ていく上で参考になった回でした。

● 政府内の対立
茅葺総理 - 自立・協調路線
世界で唯一放射能除去技術をもつこの国が、核抑止力に任せてきた米帝と対等、またはそれ以上の立場になることに意味があると考え、この国の自立を目指す。

高倉官房長官 - 親米・親保守路線
米帝妄信主義者。放射能の除去技術を、米帝と再び組むことで、他国への新たな抑止力とし、その商品価値を上げる。それで贈収賄は成立し、いたずらに軍備を拡張しなくても保守派の面子は保てる。内庁のトップ。旧大日本技研と癒着

● 半島でのクゼのエピソード
クゼが所属していたPKF部隊は、情報にない難民キャンプを発見するが、そこでは人民軍とは名ばかりの、山賊になりさがった兵士達の醜い略奪行為が行われていた。PKF部隊は義憤にかられ戦闘を始めるが、その後、その戦闘に参加した隊員にPTSDの症状が現われ、酒や麻薬に手を出し、規律が乱れ始める。そのうち、難民キャンプの殺戮のニュースがマスコミに漏れ、虐殺したのは日本人という噂が流れ、自衛軍に対するバッシングが始まる。しかし報道規制により反論もできず、部隊の自由も制限された。
そんな中、クゼは、現地の報道陣のカメラと小銃を交換し、一人難民キャンプに入っていった。何を話すわけでもないのに、自然とクゼの周りに人が集まり、地元の人たちと交流を始めるクゼ。そのうち、自衛軍を批判する者はいなくなった。そして自衛軍の帰国の前日クゼは姿を消した。

● ハブ電脳
難民による一斉蜂起の可能性について、9課が調べたところによると、ハブ電脳と呼ばれる指導者のような存在が難民の中に出現したらしいということが判明。ネットワーク上で孤立した意志を、あるホストが方向性を転移付け、自らの電脳で招き入れることで ある種の共同体を築く者。

最後の方で、内庁のゴーダの方でもハブ電脳の存在を出島に確認し、その直後クゼが出島にいる画が出ていたところをみると、このハブ電脳と呼ばれる存在がクゼということになるのでしょうか。そうだとすると、話さなくてもクゼの周りに自然と人が集まってくるという、一連のエピソードの説明もつきますね・・・。むむぅ なるほど。
そうすると今回の「そこにいること」というタイトル、ほぇ~、いいタイトル考えたなぁと思いました。

paper.gif 前回の記事

paper.gif ← よかったらぽちっとお願いします。

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX O.S.T.3
B0009S2PMOTVサントラ Scott Matthew ガブリエラ・ロビン

ビクターエンタテインメント 2005-07-21
売り上げランキング : 11

おすすめ平均star
star収録曲~!
star待たせすぎ!
starやっと発売!!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
プロフィール

  • Author:ぷりま
  • ゲーム(RPG、ネオロマンス)、漫画(はやりモノ)、本(SF、ミステリー、歴史モノ)が大好きでっす。
  • 管理人へのご意見、ご要望、連絡事項などは、こちらのメールフォームをご利用ください。
  • 管理メニュー
ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近のコメント
データ取得中...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。